So-net無料ブログ作成

乙一と海月ルイ [本]

ぷーになって早3ヶ月
やっとガス代が電気代より下回ってホッとするのもつかの間
来ましたよ・・・来なくていいのに

住民税が・・・

残念なことに減免も少なく
どうして収入がないのに十数万も払わないといけないの(T_T)

しかし悲しみにくれてるヒマはなく

就活の方は先月に比べて面接の連絡をいただけるようになったものの
なかなかそれ以上に進まず・・・

・・・orz

・・・orz

最近嬉しかったことは
すごくおもしろい本に出会えたこと

今年の目標に「映画100本鑑賞」を掲げておりますが(6月12日現在43本)
なかなか優雅に観てる間も借りるお金もないことから
図書館で本を借りるようになりまして
しばらくぶりに行ったんですが、いや~便利になって!
予約して読みたい本が借りれるって、なんて素晴らしい!

表紙に惹かれて、最初のページを読んでみて、などなどで
気軽に借りれて、「あまり面白くない・・・」と思っても損することもないし

で、出会っちゃったんですよー
山本文緒の『眠れるラプンツェル』以来ですよ!

それは
乙一の『暗いところで待ち合わせ』。
http://item.rakuten.co.jp/book/1435747/
すごい話の展開があるわけではないんだけど
青年の盲目の女を労わる感じとか、盲目の女の青年へのやさしさとか
それがすごく胸を打つのです。

お次は
海月ルイの『子盗り』。
http://item.rakuten.co.jp/book/1792211/
題材が重いけれど、展開が面白い。

あまりに面白かったので
『十四番目の月』
http://item.rakuten.co.jp/book/5496472/
『ローザの微笑』
http://item.rakuten.co.jp/book/4389425/
と読んだのだけど
『十四番目の月』は、面白いことは面白いけど
細かい描写が多くて思わず斜め読みしそうになったり
最後たたみかけるような犯人実証がちょっと不満。
『ローザの微笑』はもうダメです。これ読んだら気持ちが暗くなってしまう。
ただコレ、推理小説じゃないんですよね。


ちょっとヘビィな本が続いたので
まったり、のほほーんとしたのが読みたいなぁ

B型ですけども [本]

今巷で話題の

「B型自分の説明書」(文芸社刊)

article_210_93517_Image1_176_176.JPG

読みました!

立ち読みですけど!

一気に20ページも読んじゃったんですけど(立ち読みなのに)

どうなんですかね?

他の人からみると

この本の、通りなんですかね?!ワタシって


ええ、どんどん話飛びますし

歩道の端の飛び出したブロックを歩きたがるし

ガラスの心だし



よっし

明日また続きを読みに行くぞ!

たまには本も読むんです [本]

前々から読みたかった「ダーリンは外国人」。
やっと買いましたー(嬉々)

ベストセラーというだけあって、超おもしろい。
ひたすらダーリンのトニーがラブリー!

こんな楽しい発見がいくつもあるなら、誰かと共に生活するのもいいなぁ。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。